ETCカードがセットなのに年会費無料のクレジットカード

イオンカード・ETC専用カード

イオンカードは無料でETC専用カードも作れる他社と比較しても、かなりお得に使えるクレジットカードだった!

私はクレジットカードをすでに3枚所有している。買い物や旅行は大抵この3枚で事足りるのでこれ以上クレジットカードを作る予定などなかった。仕事で沖縄に用事があり行くことになったのだが、沖縄県にある大きなイオンモールに立ち寄った時、たまたまクレジットカードの新規受付をしていたので何気なく立ち寄ってみた。

あくまで作る目的ではなく話を聞くというスタンスで椅子に座ったのだが、話を聞いてみると予想以上にイオンカードは使えるクレジットカードだということを認識させられた。

イオンには一人で行くことはあまりないが、休日に家族でどこか出かけるとなった時、行く先に困った時はとりあえずイオンに行っていた。イオンには専門店も多数入っているし、最近では映画館が併設されている場合もある。そして何より子供が遊ぶスペースが設けられているので時間つぶしにはもってこいの場所である。何度も訪れているにもかかわらずイオンカードをなぜ作っていなかったのか不思議なくらいだった。

イオンカードは年会費無料

クレジットカードを作るときに一番気になるポイントが年会費が有料か無料ということだろう。イオンカードは年会費無料だ!いろいろあるイオンカードの中でも人気が高いのが「イオンカードセレクト」らしい。

ちなみにイオンのクレジットカードの代表的なものは、「イオンカードセレクト」と「イオンカード」の2種類ある。どちらも年会費無料で作れる。

イオンカードのデザイン

まず、イオンカードセレクトは「クレジットでもWAONでも、お支払いはこれ1枚で。」と宣伝しているように、クレジットカード+イオン銀行キャッシュカード+電子マネー「WAON」付きで1枚3役をこなしてくれる。

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカード機能も付いた提携カードの為、申込みにあたり、イオン銀行に口座開設を同時に行う必要がある。また、支払口座もイオン銀行普通預金口座以外を選択することができない。イオン銀行を普段から使用している人なら良いがそうでない人は若干の使いにくさを感じるだろう。

次にイオンカード。口座開設は今や考えていないと答えると、「そんな方にはイオンカード(WAON一体型)をお申込み頂けます。」と受付の女の子。支払口座も既存の銀行口座を含めて自由に設定できる。私はこちらのイオンカード(WAON一体型)を申し込んだ。

イオンカードセレクト、イオンカード共にVisa、MasterCard、JCBの3種類から選択できるが、完全オリジナルデザインのディズニー・デザイン・カードはJCBブランド限定とのことだったので通常のデザインでVisaを選択した。

「即日発行・即日受取」が可能となり、しかも、「最短30分審査」も可能と聞かされクレジットカードを何日も待ってつくっていたのはもう昔の話なのだろうと思ってしまった。

イオンカードは「ETC専用カード」の申込みが可能

ETCカードは、有料 道路の料金所をノンストップで通行できる、通行料金の支払い専用カード。正式には電子料金収受システム(英語: Electronic Toll Collection System :エレクトロニック・ トール・コレクション・システム)らしいが略して「ETC」。有料道路の渋滞の原因ともなっている料金所を停止することなく、通行料金を精算できるシステムであることから、高速道路における交通渋滞の緩和に役立てられている。2015年時点で、5000万台以上の自動車にETC車載機が取り付けられており、高速道路におけるETC利用率は90%を超えている。

頻度型割引と言われる「平日朝夕割引」や時間帯割引と言われる「深夜割引」「休日割引」などがあり高速道路をお得に走行することができる。ただ、このETCを利用する為には、クレジットカード会社が発行するETCカードが必要になる。

もちろんこのETCカード、イオンカードセレクト、イオンカード共に追加をすることが可能だ。しかも両方とも年会費無料で使える。これはありがたい。

お買い物代金が5%OFF

毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗でのイオンマークのカードのクレジットまたはWAONご利用で、買い物代金が5%OFFとなる(イオンネットスーパーは対象外)。

この日以外でもイオングループの対象店舗で利用すると200円(税込)ごとに2ポイント付与される。

優待加盟店のご利用でポイントがたまる!

日本全国にイオンマークのカードで割引きなど優待が受けられる施設がある。

富士急ハイランドならフリーパス料金が、
大人5,700円→5,300円
中高生5,200円→4,900円
小人4,300円→4,100円
※他の特典との併用不可、5名まで有効。

鴨川シーワールド
入園料大人2,800円→2,650円 小人1,400円→1,330円
※他の特典との併用不可、5名まで有効。

スパリゾートハワイアンズ
・ハワイアンズ入場が通常料金の10%OFF
・ホテルハワイアンズ・ウィルポート・モノリスタワー宿泊が通常料金の10%OFF
※他の特典との併用不可、9名まで有効。

レストランカラオケ・シダックス
(1) 通常ルーム料金20%OFF
(2) フリータイム ルーム料金20%OFF
(3) フリフリプラン パック料金20%OFF
(4) パーティーコース コース料金5%OFF
(5) 毎週火曜日通常ルーム料金30%OFF
※(1)(2)(3)(4)(5)の併用、他の特典との併用は不可だがグループ全員有効

カラオケ ビッグエコー
一般室料より30%OFF
ドリンクバー飲み放題付きコース・プランご利用時は総額10%OFF
※他の特典・割引との併用不可だがグループ全員有効

ニッポンレンタカー
基本料金より約5%OFF
※他の特典との併用不可、本人のみ有効

オリックスレンタカー
マルトクプラン基本料金15~50%OFF
マルトクプラン以外は基本料金より10%OFF
(但し、KSS、VOS、TSS、TSの付くクラスは除く)
※他の特典との併用不可、本人のみ有効

全国のホテルの宿泊代、または食事代
日本全国にあるホテルの宿泊費が10%OFFになったり、
ホテルでの飲食代が10%OFFになったりする特典を受けることができる。
東急インをはじめ、ビジネスホテル・シティホテルなどの有名どころも利用できる。

なお、優待施設はどんどん広がっている。

イオンシネマ300円割引

イオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ含む)の一般通常料金(1,800円(税込)または、1,700円(税込))をイオンカードで支払うと、会員の方と同伴の方(大人1名さままで)各300円引になる。

条件を満たせば「イオンゴールドカード」にランクアップできる。

イオンゴールドカード

イオンカードセレクト、イオンカード共に一定の基準を満たした段階で、イオンゴールドカードにランクアップできる。

インビテーション(招待)制のため、最初からゴールドカードを選ぶことは出来ないが、イオンカードでお買い物をたくさんすればゴールドの発行条件に達することができる。

イオンゴールドカードのインビテーション条件は公式サイトでは、

直近年間カードショッピング100万円以上の方に発行しております。※イオンゴールドカードは、他の一定の基準を満たしたお客さまにも発行しております。

直近年間カードショッピング額は、毎月10日を基準日としてさかのぼった12ヶ月の合計ご利用金額を集計いたします。

年間100万円以上のクレジットカード利用をすればゴールドカードになれそうだが、そんな高額な商品は購入しないと言う人もいるだろう。実際には注意書きにあるように食料品や日用品などの生活用品を定期的に購入していればゴールドカードの招待が届くと言う。今まで行っていた近所のスーパーからイオンに変えるだけでゴールドカードにランクアップは可能だろう。

ちなみに、イオンゴールドカードにランクアップしたからといって有料になることはない。今まで通り年会費無料で使用可能だ。

イオンゴールドカードの特典

イオンゴールドカードになればさらに特典を受けることができる。

特典1
まず、各種保険が無料で付帯になる。

海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
海外旅行中にケガや病気を被った場合に保険金をお支払いいたします。カードご利用の有無にかかわらず、一回のご旅行につき最長30日まで補償いたします。
■補償内容・支払限度額
傷害による死亡・後遺障害3,000万円
傷害による治療費用200万円
疾病による治療費用100万円
賠償責任3,000万円
携行品損害30万円
救援者費用100万円

国内旅行傷害保険(最高3,000万円)
国内旅行中にケガを被った場合に保険金をお支払いいたします。
ただし、イオンゴールドカードにて、その旅行や宿泊施設の代金をお支払いいただくことが前提となります。
■補償内容・支払限度額
傷害による死亡・後遺障害3,000万円
傷害による入院(最高180日分)日額5,000円
傷害による通院(最高90日分)日額3,000円

ショッピングセーフティ保険(年間300万円まで)
イオンゴールドカードでお買い物された商品(1品5,000円~300万円)が偶然の事故により損害を被った場合、購入日から180日間、年間300万円まで補償いたします。

特典2
全国のイオンラウンジや羽田空港のラウンジサービスが利用できるようになる。

イオンラウンジではお買い物の合間にごゆっくりとおくつろぎいただくために、イオンゴールドカード会員さまをはじめ、特別な会員さまに限定したサービスをご用意いたしております。また、全国のイオンラウンジがご利用できますので、ご旅行やお引っ越しされた際にもぜひお立ち寄りください。

イオンゴールドカード会員さまは、羽田空港のラウンジサービスをご利用いただけます。どうぞ、ゆとりのひとときをお過ごしください。

今まで以上にかなり待遇された特典を受けることができる。

全国にあるイオンモール

イオンは今や日本中のいたるところにある。全国のイオンモールをみても、GMS(総合スーパー)店舗数 は600店以上、モール型SC数(日本・海外)は270店以上ある。GMS(総合スーパー)店舗数 は600店以上、モール型SC数(日本・海外)は270店以上ある。 イオンカードは作っておいて損はないクレジットカードと言える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする