1000万円越え!世界の超高級腕時計ブランド

高級腕時計ブランド


高級腕時計ブランドと聞かれて思い浮かぶブランドといえば「ロレックス」や「オメガ」、「ブライトリング」が多いのではないだろうか?

日本国内でロレックスは絶大な人気を誇り現在ではかなり品薄となっている。確かにロレックスは高性能だけでなく日本人好みのデザインであることには間違いないのだが、世界にはロレックスを越える超高級腕時計ブランドが存在する。今回は1,000万円をゆうに超えるスーパーブランドを一挙紹介!

HUBLOT ウブロ


HUBLOT OFFICIAL


ウブロはスイスの高級時計メーカーであり、会社名の由来はフランス語で「舷窓」を意味します。舷窓同様にビスで留めたベゼルが印象的です。ブランドコンセプトは「異なる素材とアイデアの融合」であり1979年以降、カルロ・クロッコ氏が率いるMDMジュネーブ社によって産み出されます。ラバーストラップモデルの腕時計にも早い時期に技術を投入したブランドとしても有名です。2005年にはフュージョンをコンセプトに販売を開始した「ビッグバン」が注目され飛躍的に成長します。

歴史

1979年、ニヨンにてカルロ・クロッコ(Carlo Crocco )により創立。

1980年、「クラシック」でバーゼルデビュー。

2004年、ジャン=クロード・ビバーがCEOに就任。

2005年、「ビッグ・バン」シリーズを発表。

2008年、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)に会社を売却。

2010年、自社製ムーブメントUNICOを開発。

2012年、ビバーが会長に就任し、リカルド・グアダルーペがCEOに就任。

現在までにF1、FIFAワールドカップ、UEFA EURO、ICCクリケット・ワールドカップの公式タイムキーパーなど、世界のスポーツ大会を多く支援しています。

RICHARD MILLE リシャールミル


RICHARD MILLE OFFICIAL

リシャール・ミル は、スイスの高級腕時計ブランドであり、モーブッサンなど複数の高級ブランドに携わった経験を持つフランスのリシャール・ミルによって、2001年に設立されました。ブランドコンセプトは高級機械式時計を超越した「エクストリームウォッチ」であり完璧さを追求した唯一無二の究極の時計を作り出しています。F1や航空宇宙産業において使用される最新技術を駆使した腕時計はの潮流に新たな一石を投じたと言っても過言ではない。

歴史

2001年、リシャール・ミルが自身の名前を冠にしたブランドを設立。同時にRM001トゥールビヨン、RM002トゥールビヨンを発表。

2003年、RM008スプリット・セカンド・トゥールビヨンを発表。

2004年、RM 006トゥールビヨン・フェリペ・マッサを発表。

2005年、RM007レディース・オートマチック(初のレディース・モデル)を発表。同年にRM009フェリペ・マッサ・トゥールビヨンも発表。

2007年、ムーブメント機構をフレームだけで支えるスケルトンのRM012トゥールビヨンを発表。

2010年、RM027ラファエル・ナダルを発表。

“衝撃に強いトゥールビヨン”という今までどのブランドも取り組んでこなかったところに新しい可能性を見出したリシャール・ミル。時計のF1を目指す異端児とも呼べる存在です。

HARRY WINSTON ハリー・ウィンストン


HARRY WINSTON OFFICIAL

ハリー・ウィンストンはアメリカの宝飾デザイナー、またその高級ブランドです。創始者のフィロソフィを受け継ぎ、 ダイヤモンドを芸術の域まで高めるとともに、ジュエリーとタイムピースづくりにおいて改革をもたらしています。キング・オブ・ダイヤモンド ” と称される、世界最高峰のNYジュエラーであり、近年では腕時計も人気を集めています。まばゆい輝きに満ちたまるでジュエリーのような美しさをまとった腕時計が魅力的です。

歴史

1932年、ニューヨーク5番街にハリー・ウィンストン社を設立。

1944年、アカデミー賞主演女優賞を受賞したジェニファー・ジョーンズにダイヤモンド・ジュエリーを貸し出したことから、『スターたちのジュエラー』と呼ばれるようになる。

1949年、45.52カラットの世界最大のブルーダイヤモンド「ホープ」を手にします。その後4年間にわたってアメリカ国内各地で展示されました。

1952年、ライフ・マガジン紙が、ハリー・ウィンストンは歴史的価値のある宝石を英国ロイヤルファミリーに次いで世界で二番目に多く所有していると報告しました。

1955年、スイスのジュネーブに初の海外店舗をオープン。

1957年、フランスのパリに店舗をオープン。

1958年、「ホープ」をアメリカ国民のためにとスミソニアン博物館に寄贈します。

1978年、ハリー・ウィンストンが82歳のとき、ニューヨーク市内で死去します。

1989年、ハリー・ウィンストンとして初めてのタイムピース・コレクションを発表。時計製造の世界に参入します。

2001年、著名な独立時計師とのパートナーシップにより革新的な時計、オーパスシリーズの展開を開始します。

ハリー・ウィンストンの時計はジュエリー職人とセッティング職人、そして時計職人の技術が融合した宝飾芸術であり、「気高く華やか」なモデルの数々は世界中の時計ファンを虜にしています。

PATEK PHILIPPE パテックフィリップ



パテック・フィリップは、スイスの高級時計メーカーであり、1839年に2人のポーランド人アントニ・パテックとフランチシェック・チャペックによって創業されました。ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲとともに世界三大高級時計メーカーの一つとして数えられることが多いブランドです。最高峰時計ブランドとして知られるパテック フィリップは、時計の製造工程のすべてを自社で統合して生産を行う独立マニュファクチュールです。1839年の創業以来、「世界最高の時計をつくる」という使命を一貫して追求し続け、竜頭による巻き上げ・時刻合わせ機構をはじめ、超複雑時計など、数々の革新的な技術やデザインによって時計製作の歴史を変えてきました。どんなに古い自社時計についても修理することができる「永久修理」が有名であり「パテック・フィリップの時計は一生もの」というブランドイメージを構築することに成功しています。

歴史

1839年、パテックとチャペックは共同で事業を開始することで同意し、同郷であるポーランド人時計製造業者のヴァヴジニェツ・ゴストコフスキ、ヴィンセンティ・ゴストコフスキ、ヴワディワフ・バンドゥルスキの財政援助を得て「Patek, Czapek & Cie」を創業

1845年、フィリップが入社、社名を「Patek & Cie」に変更

1851年、「Patek & Cie」から「Patek & Philippe Cie」に変更

1877年、創業者パテック死去

1878年、ティファニーがアメリカ製工作機械を備えた自社のジュネーブの時計ムーブメント製造工場をパテックフィリップに売却

1894、フィリップ死去

1933年、ヘンリー・グレーブス・ジュニア (Henry Graves Jr. ) からティファニーを通じて「史上一番複雑な時計」を受注し24機能の複雑時計「グレーブス・ウォッチ」を製作

1968年 、「エリプス」シリーズ発表

1989年 、 「キャリバー89」を発表

1993年、「ゴンドーロ」シリーズ発表

家族経営のパテック フィリップは、常に長期的なビジョンを持ち、「親から子へ」世代を超えて受け継がれる時計をつくり続けています。自社の製品であれば、どんなに古いものでも修理・修復するというコミットメントが、同社の真摯な時計製作の姿勢を表しています。

AUDEMARS PIGUET オーデマ ピゲ


AUDEMARS PIGUET OFFICIAL

オーデマ・ピゲは、スイスの高級時計・宝飾品メーカーであり、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンとともに世界三大高級時計メーカーの一つに数えられているブランドです。1875年、ジュール=ルイ・オドマールとエドワール=オーギュスト・ピゲによって高級時計ムーブメント製作会社として設立されました。日本国内ではオーデマ・ピゲと呼ばれていますが、彼らの名前を組み合わせているので正確には「オドマール・ピゲ」と呼びます。常識を打ち破る数々の魅力的な腕時計を展開しており、なかでも「ロイヤルオーク」は世界中のエグゼクティブを魅了する憧れのアイコンとなっています。

歴史

1875年、創業者の二人の名前で売るべく、オーデマ・ピゲを設立

1899年、「ユニヴェルセル」発表。パーペチュアルカレンダーやミニッツリピーターをはじめ複雑な機構を詰め込んだ革新的な懐中時計として話題になる

1921年、世界で最も薄い1.32mmの懐中時計を開発

1957年、複雑機構の小型化に成功し閏年を表示する初めてのパーペチュアルカレンダー搭載腕時計をに完成させた

1967年、世界で最も薄いセンターローターの自動巻きムーブメント「Cal.2120」を発表

1972年、初代「ロイヤルオーク」を発表。当時金無垢仕様が当たり前だった高級時計にステンレススチールを採用し、世界を驚愕させた。

1986年、直径7.2m、厚さ:5.3mの世界最小トゥールビヨン搭載腕時計を発表

2006年、潤滑油を不要とする新機構「APエスケープメント」を開発

類稀な高級時計を造り出すオーデマピゲ。数ある複雑時計の技術を駆使して時計を開発・製造しており、時計の枠を超えた製品が世に送り出されています。創業から130年以上に渡り、一度も他社資本からの買収を受けず”家族経営”を貫く珍しいブランドです。

Vacheron Constantin ヴァシュロン・コンスタンタン


Vacheron Constantin OFFICIAL

ヴァシュロン・コンスタンタンは、スイスのジュネーヴを本拠地とする高級時計ブランド。260年以上にわたり一度も時計づくりを中断したことがない最古の歴史を誇る唯一無二のマニュファクチュールであり、パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲと共に世界三大高級時計メーカーの一つとされています。現在はフランス語読みの「ヴァシュロン・コンスタンタン」が一般化されていますが、英語読みやドイツ読みでは「バセロン・コンスタンチン」の発音が近く、以前は日本の時計雑誌でも「バセロン・コンスタンチン」として紹介されていました。”マルタクロス”とも呼ばれるヴァシュロン・コンスタンタンのロゴは、キリスト教の騎士修道会、聖ヨハネ騎士団(マルタ騎士団)が掲げたとされるマークで、4つの扇形紋章を結合させた8つの角が特徴です。現在、コレクション数は10を数える。 最もシンプルで精巧な「パトリモニー」、 最もシンプルなものから複雑なものまで、世代を超えて受け継がれる「トラディショナル」 、2012年にトノー型誕生100周年を記念しデザインが一新された「マルタ」、時計をカスタマイズできる「ケ・ド・リル」、エレガントかつスポーティな「オーヴァーシーズ」、左右非対称の台形を帯びたケースが斬新な「1972」、先代の技が受け継がれた復刻版「ヒストリーク」、職人技の芸術作品がつまった「メティエ・ダール」。2015年には「ハーモニー」と名付けられたコレクション 、最高の純度を持つダイヤモンドの輝きを放つ「ウール・クレアティブ」が加わっています。

歴史

1755年、ジャン=マルク・ヴァシュロンが時計工房を設立

1785年、アブラアム ヴァシュロンージロード (Abraham Vacheron-Girod)へとジャン=マルク・アブラアムによって社名変更される

1810年、Jacques Barthelemy Vacheronにより、社名をVacheron-Chossatに変更

1819年、ヴァシュロンの孫であるバルテルミは企業運営に長けたフランソワ・コンスタンタン(Francois Constantin )を共同経営者に迎えることによりヴァシュロン&コンスタンタン (Vacheron et Contantin)と社名を変更する

1880年、組織を株式会社とし、シンボルマークである「マルタ十字」を商標登録

1955年、創業200周年の年に厚さ1.64mmという世界で最薄の機械式ムーブメントを発表

1970年、社名から”&”が省かれ、ヴァシュロン・コンスタンタンとなる

2005年、創業以来営業を継続している時計メーカーとしては最長の創業250周年を迎える

FRANCK MULLER フランク・ミュラー


FRANCK MULLER OFFICIAL

フランク・ミュラーとは、 “ブレゲの再来”と称されるスイスの時計師が創業した腕時計ブランドです。天才時計師として「Master of Complication」の名を欲しいままに機械式時計の歴史上、前例を見ないほどの傑作を多く創作し続けています。スイス時計の中では比較的新しいブランドながら、伝統技術に裏打ちされた独創的な三次元曲線の「トノーカーベックス」が一世を風靡し、一躍有名ブランドの仲間入りを果たします。

歴史

1980年代後半、トゥールビヨン、ミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダー、スプリットセコンドなどを組み込んだ腕時計を製作して世界初の記録を次々と樹立する

1992年、フランク・ミュラーを設立

1995年、「FRANCK MULLER WATCHLAND」開設

世界初となる機構は、これまでに30以上にも及ぶといわれています。その中でも世界中に衝撃を与えたのが「レボーリュー ション」シリーズと、さらに上を行く新世代機「エテルニタス・メガ」シリーズといった超複雑時計です。その他にはカジノのルーレットを文字盤で再現した「ヴェガス」や、時と時計の概念を覆す特殊ジャンピングアワー「クレイジー・アワーズ」などが大きく話題を集めたモデルが多数あります。

A. LANGE & SOHNE A.ランゲ&ゾーネ


A. LANGE & SOHNE OFFICIAL

知る人ぞ知る世界最高級の腕時計「ランゲ&ゾーネ」。ランゲ・アンド・ゾーネは、ドイツに本拠地を有する高級時計ブランドでありリシュモングループに属しています。パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ、プレゲと共に世界五大高級時計メーカーの一つとして知られています。ランゲ&ゾーネとして代表的なモデルとして「ランゲ1」「グランド・ランゲ」「サクソニア」「トランスアトランティック」などがあります。

歴史

1845年、創業者であるアドルフ・ランゲはドイツのグラスヒュッテの町に時計工房を設立

1914年~、第一次世界大戦により閉鎖、第二次世界大戦で本社工場は全壊

1990年、東西ドイツが統一によりアドルフ・ランゲの曾孫にあたるウォルター・ランゲはグラスヒュッテに戻り、ランゲの時計製造技術を復活させることに見事成功

A.ランゲ&ゾーネの時計には必ず、自主開発され、手作業で入念な装飾と組み立てを行ったムーブメントが搭載されています。1994年以降に開発された自社製キャリバーはおよそ60個を数え、A.ランゲ&ゾーネは世界でも最高峰の地位を確立しました。高度な技術が要求される複雑機構を特徴とするリヒャルト・ランゲ・パーペチュアル・トゥールビヨンは、受け継がれてきた時計作りの技をさらに高めようとするA.ランゲ&ゾーネの真摯な姿勢を体現した時計です。

ROGER DUBUIS ロジェ・デュブイ


ROGER DUBUIS

ロジェ・デュブイはスイスの時計師ロジェ・デュブイがオーナーのカルロス・ディアスとともにスイスのジュネーブに設立した腕時計ブランドです。すべての製品にジュネーブ・シールを刻印する世界で唯一のマニュファクチュールです。ジュネーブ・シールとは、高級時計製造における最高の証です。創業からわずかな期間で世界的な高級腕時計ブランドとして知られ、多くの時計コレクターや世界的なセレブを魅了しています。美しいメカニズムとそれを収める壮麗なケース、ディテールにこだわりぬいた幻想的とも言える世界を見せてくれる独自の路線を貫くブランドです。

歴史

1980年、ロジェ・デュブイが自身の時計工房を設立

1995年、カルロス・ディアスとロジェ・デュブイにより”Soclété Genevolse des Montres”を設立

1996年、シンパシー発表

1998年、マッチモア発表

2000年、トゥー・マッチ発表

2002年、ゴールデン・スクエア発表

2003年、フォローミー発表

2004年、アクアマーレ、イージー・ダイバー、シーモア発表

2005年、エクスカリバー発表

2006年、6つの自社製ムーブメントを発表

新進気鋭のブランドであり世界中のセレブに愛される魅力ある腕時計を作り出している

ZENITH ゼニス


ZENITH OFFICIAL

ゼニスは、1865年創業のスイスの高級時計ブランドであり、ムーブメントを自製するマニュファクチュールの一つで、自社製ムーブメントを搭載したエル・プリメロ、キャプテン、エリートが広く知られています。ZENITH(ゼニス)とは天空の最も高い位置のこと、すなわち“天頂の星”を意味します。 1965年、ジョルジュ・ファーブル=ジャコはスイス・ルロックルにおいて、『マニュファクチュール』と呼ばれるコンセプトを発明しました。当初の社名は”Manufacture de montres”であったが、1900年の万博に新型懐中時計用ムーブメント「ゼニス」を出品し金賞を得、1911年会社名を”Fabriques des Montres Zenith SA”に変更しています。

歴史

1865年、ジョルジュ・ファーヴル=ジャコ(Georges Favre-Jacot )がル・ロックルに時計工場を設立

1899年、マニュファクチュールから最初のクロノグラフ ポケットウォッチを発表

1900年、ジョルジュ・ファーブル=ジャコがパリ万国博覧会で金賞を受賞

1911年、ジョルジュ・ファーブル=ジャコのマニュファクチュールが、天空の頂点を意味する「ゼニス」という社名を採用

1925、マニュファクチュール・ゼニスの社員数が1000人となり「2000本の黄金の手を持つマニュファクチュール」と称される

1948年、伝説的なキャリバー135を発表

1960年、パイロットウォッチ アエロネフ タイプ20発表

1969年、初の一体型自動巻クロノグラフ「エル・プリメロ」の発表

1994年、超薄型自動巻ムーブメント「エリート」の発表

ROLEX ロレックス


ROLEX OFFICIAL

ロレックスは、スイスの高級時計ブランドであり、1905年にドイツ人のハンス・ウィルスドルフがロンドンで創業したのが始まりです。ロレックスはその性能と信頼性により世界中で知られています。エクスプローラー・サブマリーナ・GMTマスター・デイトナなど日本国内でも人気の高いモデルが多数存在します。1,000万円以上する高級時計はあまりないものの高級時計ブランドといって外すことのできないブランドと言えるでしょう。

歴史

1905年、ハンス・ウィルスドルフが、ロンドンに時計会社”ウィルスドルフ&デイビス社”を設立

1907年、事務所をスイスのラ・ショー・ド・フォンに移転

1908年、自社ブランド”ロレックス”を誕生させる

1910年、腕時計初のクロノメーターの認定を受ける

1919年、本社をジュネーブに移転

1926年、防水機構”オイスターケース”を開発

1931年、ローターが360度回転する巻き上げ効率の高い自動巻き機構「パーペチュアル」を開発

1945年、世界初の窓表示のカレンダー機構を搭載したデイトジャストを発表

1983年、GMTマスターの上位機種である「GMTマスターⅡ」を発表

1988年、ゼニスのエル・プリメロのムーブメントをベースにした自動巻きのデイトナを発表

1992年、サブマリーナの豪華バージョンとしてセレブ向けに作られた「ヨットマスター」を発表

2000年、自社ムーブ搭載新デイトナ誕生

2003年、サブマリーナ誕生50周年記念としてサブマリーナの新バージョン「グリーンサブ」を発表

2005年、創業100周年として1920年代のオリジナルモデルからインスピレーションを得た角形ケース「ロレックスプリンス」を発表

ロレックスの3大発明「オイスターケース」「バーベチュアル」「デイトジヤスト」。ロレックスの腕時計の本質は高級腕時計ではなく、実用性能に優れた腕時計であるといえるでしょう。実用時計としては高価であるように思えますが、その品質や耐久性を考えると、価格とのバランスが非常に優れているブランドだと気づかされることになります。誰からも知られている時計ブランド”として圧倒的な王者に君臨しつづけるROLEX( ロレックス)。その魅力は身に付けた人にしかわからないでしょう。

高級時計は男のロマンとして長年愛されており、購入する方も非常に多いです。ひと目で一流の貫禄を感じさせる圧倒的な存在感はあなたをワンランク上の世界へと導いてくれることでしょう。

TOPIC:最短2ヶ月で100切りを目指す

結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム
《ライザップゴルフ》
ゴルフ100切りを目指しているあなた、ゴルフ人生が急速に加速します。必要なのはムダな練習量じゃない。専属トレーナーによるゴルフマネジメントだった。
スコアにコミットする!ライザップゴルフ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする