ヤコブコーエン(JACOB COHEN)の美脚デニムパンツはジーンズファンを虜にする

ヤコブコーエン

今や男でも美脚パンツは当たり前の時代になった。そんな中にあっても圧倒的なクオリティを誇るJACOB COHEN(ヤコブコーエン)のデニム世界中のジーンズファンを魅了してやまない。

履いた瞬間に感じる今までにないフィット感。細身のシルエットが好きなジーンズファンなら、一度はその履き心地を試したい1本になるだろう。

ヤコブコーエンはイタリアを代表するジーンズブランド

JACOB COHEN Official

ヤコブコーエン店舗

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)は1985年、イタリアのポンテロンゴ(パドヴァ)に所在しているスタイリスト集団、ディレクターNicola BARDELLE らによって設立されたパンツブランド。コンセプトは「仕立ての良いテーラードジャケットに合わせるジーンズ」。美脚デニムを得意とする、構築的センスの魅力、足長効果のある美しいライン創りにて他とは異なる独創性を表現している。

セレブやファッショニスタはクールな若者からダンディーな紳士までこぞってヤコブコーエンのジーンズを愛用しているほどだ。

JACOB COHEN

ONLINESHOP

ジーンズの常識を覆したジーンズブランド

ジーンズといえば元々作業着だったことは皆が知っている。だがヤコブコーエンのジーンズはラフに着こなすことはもちろん、履いた人を一際エレガントに演出してくれる。その特徴の1つにジーンズをスラックスの様に穿ける仕様に仕立てる事で差別化を実現している。

そのあまりに美しいシルエットに「テーラードジーンズ」という呼び名で新たな洋服のジャンルを作り出したと評価する業界関係者も多い。

ジーンズでありながらスラックスのように快適でエレガントで毎日穿きたくなるようなジーンズ。それこそがヤコブコーエンなのだ。

ジーンズとは思えない美脚シルエット

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)
テーラードの国、イタリアメイドならではのトラウザーを思わせる立体裁断や職人技のアイロンワークにより、極上のフィット感を実現。履いた時のシルエットがすっきりとスマートに見える。

アイロンワークとは、型紙だけでは構築出来ない複雑な人間の体形に、アイロンで生地を変形させることによって身体に沿った美しいラインを作り出す為の技術。一般的にオーダーメイドのスーツなどその体型にピッタリとフィットさせ、美しいシルエットを必要とするテーラーの洋服に用いられる。

また、テーラードの流儀にのっとり丁寧にアイロンがかけられたシーム。シワやたるみのないすっきりと仕上がりに作りの良さが出ている。ヤコブコーエンのジーンズはこれらの技術を取り入れることにより美脚パンツを作り出している。

ロゴパッチがクールでカッコイイ

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)

ジーンズの顔ともいえるバックのロゴパッチ。パッチには革を使用しているが、なかでも高級と言われる「ハラコ」を採用している。他のジーンズブランドで一般的に仕様される紙パッチやレザーパッチとは一線を画す、ヤコブコーエンにふさわしい高級仕様だ。

人目でわかるバックポケットのステッチ

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)

ヤコブコーエンのジーンズは明るいカラーの糸で施された細かく繊細なステッチや、バックポケットの極太ステッチ、さらにはフロントジップの内側にあしらったモデル名やメッセージの刺しゅうなど、美しいステッチワークにも注目だ。

リベットやボタンは、イタリア国内のジュエリー職人に発注して作るというこだわりぶり。アンティーク調だったりゴールドだったりと、モデルによってデザインも異なる。

バックポケットのステッチはLevi’sのデザインを上下反転させてアシンメトリーにしたような線が特徴的といえる。

モデルによっては、裾上げ用の糸、そのジーンズの為に用意されたバンダナ、更には洗い加工に用いる軽石までもが付属している。

また、ヤコブのジーンズには特有の香りがする。この香りは、アロマテラピーにも使われるハーブ「パチョリ」。生産工程の仕上げとして、色止めの意味としてもつけられている。

ヤコブコーエンの生地は日本製

ヤコブコーエンのジーンズに使用されている生地は、実は日本製なのだ。厳密には10%がコーンミルズ(アメリカ)90%がクラボウ(日本)で生産されています。

コーンミルズ社はLEVI’S 501のデニムを生産しているのでジーンズ好きなら聞いたことある会社だと思う。

クラボウの正式名称は倉敷紡績株式会社(くらしきぼうせき)であり日本の繊維製品の大手メーカー。クラボウは1972年に国産初となるデニム生地を生産したといわれる名門であり、カイハラと日清紡と並ぶ日本三大デニム紡績の1つだ。本社は大阪府大阪市中央区久太郎町2-4-31にあるが、登記上の本店は岡山県倉敷市本町7-1になっている。

岡山県のジーンズ・デニムは今や世界的に認知されつつあり、岡山県のデニム生地・デニム製品、またはそのブランドなどを含めて「岡山デニム」とも言われている。もっと細かい地域を指した言葉に、岡山県倉敷市のデニムを「倉敷市デニム」。倉敷市のさらに中にある岡山県倉敷市児島地区のデニムを「児島デニム」。また岡山県井原市のデニムを「井原デニム」と言う。

——————————————–

デニムとジーンズの違いは、デニムはジーンズなどに使われる厚手の綿の綾織物のことであり本来「生地」を指す言葉、ジーンズはデニムなどの厚手の生地素材を使ったパンツのことで「製品」を指す言葉である。最近では、ジーンズを含むデニム製品全般を指してデニムと使われることが一般的になってきた。

——————————————–

クラボウは倉敷市デニムの中で繊維メーカーの先駆けであり、2015年には新ブランド「クラボウデニム プライムブルー」を誕生させている。

そんなデニム産地として世界的に有名な岡山からわざわざデニムを調達し、イタリアのテーラー技術で生産するという贅沢ぶりにもヤコブコーエンのこだわりが感じられる。つまりヤコブコーエンのジーンズは生地は日本産で縫製はmade in ITALY(イタリア製)のジーンズなのだ。

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)の人気シリーズはこの3本

ヤコブコーエン J688

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)J688

ヤコブコーエンの定番細身ストレート。股上が浅く、膝下に向かうにつれて細くテーパードした美しいシルエットを作り出すモデルだ。

ウォッシュ加工の工程により、シッカリと毛羽立ちさが加わり、ヴィンテージな雰囲気を備えている為、3シーズン対応としての、ワークパンツとも言える。通気性があり、型崩れしにくく、耐久性をアップしたコットンエラスティン地が快適だ。

股上が24cm平均となっているドレスジーンズ“688”モデルは、レギュラーストレートに近いシルエット。622に比べて、股上を約1.5cmほど深くして、ヒップの安定感を図ったタイプ。後ろポケットが小さめで側面よりに付いており小尻効果バツグン。釦などのパーツが大きいという事もあり、ワーク感を無くさず出し過ぎず、上品さ高め、ジャケットに似合うジーンズと言えるだろう。

すっきりとしたフォルムはジャケットやレザーシューズとの相性も抜群。かっこよく履きこなすことが出来れば間違いなく男の格が上がるジーンズ。

ヤコブコーエン J622

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)J622

ヤコブコーエンが作り出す美しいスリムラインにタイトなフィット感を持つ、スキニージーンズ。

ダークウォッシュデニムに赤いディテールが映えるこちらのモデルは、過度な装飾を抑えシンプルな仕上がりに。また伸縮性が高く、窮屈さを感じさせにくくしながらもタイトできれいなシルエットを作り出している。

J688と比べ、更に股上が浅くなったモデルでタックインして現代的な着こなしをする方には最適なモデルだ。上品な着こなしをしたいときにお勧めだ。

ヤコブコーエン J620

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)J620

ヤコブコーエンのスマートなシルエットを保ちつつ膝下からストレートになっているジーンズ。

“ストン”と真っ直ぐに落ちる綺麗なストレートラインが特徴で、同ブランドのお得意の足長効果を発揮してくれます。また股上が浅く、ポケット位置が低いため、さらにシルエットの美しさが強調され、整ったボディラインを演出。 全体に軽いウォッシュ加工を施したデニム素材を用い、リジットに近い上品な雰囲気に。凝った作りのリベットやハラコパッチ等、ヤコブコーエンらしいギミックがあふれるデザインになっている。上品かつデニムらしいシルエットを求める場合に最適だ。

ジーンズらしい適度な抜け感はありながら、品良くテーラードパンツ感覚で着こなせるのが『ヤコブコーエン』のジーンズの醍醐味。そんな美脚ラインを生かして、すっきりシンプルに仕上げたおすすめスタイリングをしたい人はその他のヤコブコーエンもお勧めだ。

JACOB COHEN

ONLINESHOP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする