「インコテックス」イタリアのパンツブランド。メンズ美脚スラックスに注目!

インコテックス

男ならイタリアブランド「インコテックス(INCOTEX)」の美脚シルエット・スラックスを履きこなせ!

インコテックス(INCOTEX)はイタリアのパンツ専業ブランドであり、セレクトショップなどでも取り扱っている注目のブランドだ。60年以上に渡り快適な履き心地と洗練された美脚シルエットにこだわり、ひたすらパンツを作り続けている。スラックス、チノパン、テーパードパンツなどどれもが魅力的な商品に仕上げている。美しいパンツ「インコテックス」の魅力に迫る!

インコテックス(INCOTEX)

INCOTEX Official

INCOTEX

INCOTEX

ONLINESHOP

1951年、カルロ・コンパーニョがイタリアのヴェネチアにてユニフォームを製造するメーカーを創業したのが歴史の始まり。しばらくはユニフォーム造りに携わっていたが、1970年代頃からパンツ製造に特化するようになる。1980年代頃には今のビジネスモデルである上質なパンツを追及するパンツ専門メーカーになった。

インコテックスは、「INCOTEX(インコテックス)」「ZANONE(ザノーネ)」「GLANSHIRT(グランシャツ)」「MONTEDORO(モンテドーロ)」の4ブランドとともに共通するテイストやクオリティをかかげ、“それぞれの専門分野で最良のものを創る”という哲学の下に集う「SLOWEAR(スローウエア)」グループを形成している。

インコテックスのこだわり

incotex

スローウエアグループは60年以上商品開発と製造の研究に意欲的に取り組み、外見の美しさだけではなく長持ちで信頼性の高いアイテム作りを続けている。その根底にあるのはトレンドに左右されることのない、上質な素材を用いた長く愛せるデザインと確かな製品づくりを追及することこそが“スローウエア”の哲学とされているからだ。

“Solo Pantaloni”(イタリア語で“パンツ一筋”)それがインコテックス。

最近ではユニクロ・GUに代表される流行を採り入れながら低価格に抑えたファストファッションが注目されているがそんな中にあってインコテックスはまったく逆の方向へ進んでいるようにすら見える。

丁寧な仕立て、抜群の着心地、生地の質の良さ、履いた時の美しさなどに価値観を見出している。「食にこだわる」という人がいるのと同じように「パンツにこだわる」人たちが辿り着くのがインコテックスと言えるだろう。

インコテックスは常に進化している

どんなに良い素材を使用して、どんなに腕利きの職人が丁寧に仕上げたとしても時代に合わないパンツを作っていたらブランドとして淘汰されていく。

インコテックスは時代に合わせてシルエットをミリ単位で調整したり素材に変化をつけたり、様々な点で進化を続けている。またパンツを表側から見たのではわからない細部(内側)に強くこだわりを持って仕上げている。一過性のトレンドに左右されて毎シーズン変化してしまうのではなく、時代に合わせて進化していく中でも“安心感のある進化”を意識している。

さらに「モード(一過性のトレンド)を超えることが自分たちの使命」だとインコテックスは言う。

インコテックスのスタイル

デニム、チノパン、ミリタリーパンツなどが主流だった日本のメンズファッションに美脚シルエットのパンツを日本に持ち込み、スラックスを根付かせたとも評される「インコテックス」。カジュアルコーデにスラックスを取り入れることでお洒落な大人カジュアル・スタイルを作り出すことができる。

incotex

INCOTEX

ONLINESHOP

またインコテックスは欧米人と日本人の体型の違いにいち早く気づき、日本向けのモデルをリリースしてきたブランドでもある。日本人の場合、海外のパンツを購入するとヒップにボリュームがない為にたるみが出て綺麗なシルエットを作ることができない。そのあたりを改良し日本人でも美しく履くことができる「ジャパンフィット」のパンツを生み出している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする