ハリスツイードの秋冬テーラード・ジャケットで作るクラシックスタイル

ハリスツイード

秋冬はハリスツイードの肉厚テーラードジャケットを着こなして男らしくいこう!

今や秋冬の定番素材として認知されるようになったハリスツイード(HARRIS TWEED)。ジャケットを羽織るだけで簡単にクラシカルなスタイルを作り出せることから年々人気が高まっている。あえてケンプ(死毛)を含ませることで野趣を与えた特有のゴワゴワした肌触りとざっくりした風合いを作るハリスツイードは男性だけでなく女性のファンも多い。毎年、限られた量の生地しか生産されないため、その希少価値の高さも魅力の一つといえるだろう。

ハリスツイード(HARRIS TWEED)はブランドではない!?

HARRIS TWEED Official

HARRIS TWEED

ONLINESHOP

ハリスツイードは日本でも人気の高くなっているブランドだが、それに伴いハリスツイードの事をどこかのブランドだと認識している人も増えている。「ファッションセンターしまむら」とのコラボは記憶に新しいが、イギリスやスコットランド、その他どこかヨーロッパの方のブランドだと解釈している人がいる。

ハリスツイードとはブランド名ではなく「生地」のブランドと言った方がわかりやすいだろうか。ハリスツイード生地は、スコットランドの小さなハリス島で「島民たちによってピュアヴァージンウール(再利用でない)の段階から紡績・染色をされ、島の職人により一枚一枚手織りで織られた」生地にのみハリスツイード協会より与えられるブランドであり、商標名。

「Harris Tweed Act of 1993」という法律により、1909年に発足した英国のハリスツイード協会に認められたものだけが「ハリスツイード」として認められ、地球とクロスの紋章を与えられる(英国王室許可証)。この紋章は販売されている商品それぞれについているのだが、それがルイヴィトンやエルメスなどのブランドとごっちゃにしてしまう。

ジャケットにしても、バッグにしても、財布にしてもハリスツイードのロゴはついているが、ハリスツイード社の製品ではないのだ。各メーカーが生地を仕入れて、その生地を使って製品を作っているので、正しくはハリスツイード生地を使用した製品というのが正解だ。

例えば、ルイヴィトンがハリスツイードの生地を仕入れて、その生地でバッグを作ったとしたら、ルイヴィトンのロゴは勿論入るが、ハリスツイードのロゴもどこかに入っているということになる。

ハリスツイードはハリス島で誕生した

ハリツイード

ハリス島とはイギリス・スコットランドの北西岸に位置するアウター・ヘブリディーズ諸島の最大の島「ルイス島」の事を指す。本来はルイス島となるところだが、この辺りは民族意識が高く同じ島でも別の名前で呼ぶことがある。ルイス島の北部をそのまま「ルイス島」、ルイス島の南部を「ハリス島」と呼び、ハリスツイードは南部のハリス島から誕生した。

イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランド4つの国で構成されている「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」の事を日本では「イギリス」と言うが、イギリス人は母国のことをイギリスとひとまとめにされたくない人達が多くいる。4国ともそれぞれに自国のアイデンティティを持っていて、歴史上支配者的立場にあるイングランドへの反発も大きいものがある。

FIFAワールドカップにおいても4つの国それぞれで代表チームが出るくらいだ。さすがにオリンピックはイギリスとして出場しなければならないが、オリンピックにおけるイギリス選手団は、イギリスではなく「グレートブリテン(連合王国の省略)」という名称で出場している。

本来、島の名前は一つしか存在しないはずだが、「ルイス島」と「ハリス島」と併用されて呼ばれているのにはそんな事情も影響しているのかもしれない。

ハリスツイード協会 ブランド使用規則

HARRIS TWEED ブランドの管理者であるハリスツイード協会 (以下、「HTA」という) は、今後も長年に渡って品質を守っていくために、ブランドの適正使用を徹底する必要があります。 当ブランドは 1993 年ハリスツイード法 (以下、「1993 年法」という) と世界各国の登録商標で保護されています。
当ブランドの使用をご検討くださり、誠にありがとうございます。ご使用にあたっては、必ず本ブランド使用規則をお守りくださいますようお願いいたします。
ブランド使用規則の目的:
a) HARRIS TWEED ブランドの品質を守ること
b) HARRIS TWEED ではない製品を HARRIS TWEED ブランドとして宣伝したり関連付けたりしないよう徹底すること
c) 当ブランドの信用を不正に利用したり、弊害をもたらしたりするような使用を避けること
本ブランド使用規則に反した HARRIS TWEED ブランドの使用は認められず、HTA はそのような行為を防ぐために適切な措置を講じる権利を有します。

ハリスツイード(HARRIS TWEED)生地

ハリスツイード

ハリスツイードは元々は島の漁師達が着ていた上着の生地で、厳しい自然条件から身を守るためにガッチリと強く織られ、体が重さを感じないように職人が綿密に全体のバランスをとって丁寧に作られていた。現在では高級品としてのイメージがついているが、本来は安物ではないが庶民が楽しむことができる生地だった。それがお洒落な人を中心に人気が集まり、高価なジャケットとして販売されるようになった。

ただ、ここで気を付けたいのは、上記で記載した通りハリツイードはブランドではなく生地の事を指すので、製造しているブランドによりクオリティーは異なる。いくら良い生地を使っていてもメーカーにより縫製技術に違いがでる。経験を積んだ職人が作るのと、そうでない人との差は歴然だ。

ハリスツイードのヴィンテージ独特の風合い

通常は紡績の段階で油を抜く「脱脂」を行うがハリスツイードは原始的な手紬を使い脱脂作業は行わない。 原毛に含まれる油分がそのまま残った状態で織っていく。 その油分が年月の経過と共に少しずつ抜けるとパサついた感じになる。ハリスツイード生地が独特のヴィンテージ感を醸し出した風合いになるのだが、これがマニアには堪らない風合いになる。ダメージジーンズを楽しむのに似ているといえるだろう。

ハリスツイードのジャケット

保湿性に優れ雨にも強い、経年変化を楽しめる、植物性染料のやわらかな風合いなどハリスツイードは魅力がたくさんつまっている。

HARRIS TWEED

ONLINESHOP

大人の余裕を演出するヴィンテージの上質な質感とリッチな遊び心大人な着こなし、いつもコーデが垢抜ける洗練スタイルを作る為にハリスツイードを羽織ってみよう。

TOPIC:最短2ヶ月で100切りを目指す

結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム
《ライザップゴルフ》
ゴルフ100切りを目指しているあなた、ゴルフ人生が急速に加速します。必要なのはムダな練習量じゃない。専属トレーナーによるゴルフマネジメントだった。
スコアにコミットする!ライザップゴルフ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする