スチュワーデスとの出会い・結婚(客室乗務員・CA・キャビンアテンダント)

客室乗務員との出会い・結婚

スチュワーデスとの出会い・結婚を可能にしている結婚相談所がある!?

男なら一度はスチュワーデスとの出会いを考えたことがあるのではないだろうか。東京→大阪間はたまに飛行機を利用するのだが、スチュワーデスの中にはやはりとても美人な女性もいたりする。いろいろ調べて見たらスチュワーデスとの出会いの場を提供している結婚相談所があった!

ちなみに、スチュワーデスという言葉は現在ではあまり使われていない。50代以上の人なら日本航空(JAL)の客室乗務員・訓練生を描いたスチュワーデス物語というドラマが思い浮かぶかもしれないが、今は客室乗務員と言うのが一般的だ。男女雇用均等法の観点から男女差別を避けるため客室乗務員と呼ぶようになった。

また、日本では別名でキャビンアテンダント(CA)と読んだりするが正式な呼び方ではない。英語ではフライトアテンダント(flight attendant)、または、キャビンクルー(cabin crew)と呼び、欧米などでは多くの男性が従事している。なおキャビンアテンダント(CA)は和製英語であり、英語圏でキャビンアテンダント(CA)と言っても通じない。

客室乗務員との出会い

キャビンアテンダント(CA)

株式会社フュージョンアンドリレーションズという会社が運営している結婚相談所で女性を客室乗務員に限定した紹介サービスを行っている。女性は20代~32歳中心の現役客室乗務員(CA:キャビンアテンダント)限定という珍しいサービスだ。客室乗務員との出会いを提供している会社はいくつかあるが本当に安心して利用できる会社か調べてみた。

株式会社フュージョンアンドリレーションズ

株式会社フュージョンアンドリレーションズは東京都新宿区津久戸町3番19号に会社を構えており、客室乗務員(CA)との出会いのサービスの他に、一般的な立食フリー形式の婚活・恋活パーティーや自衛隊との出会いパーティーなどを提供している結婚相談所だ。

設立は2007年7月17日、資本金は9,900,000円と安心できる企業規模といっても良い。ハイクラス人材を対象とした交流イベント・パーティーの企画運営、経営者や医師、一部上場企業の社員と女性を集めたイベントなど、魅力的なイベントを多数行っている。

その中でも特に人気が高いのが客室乗務員限定紹介サービス

すべての男が入会することは出来ない

ここで残念なことが1つわかった。それは全ての男が入会できないということだ。女性を客室乗務員(CA)に限定してのと同じように、男性を誰でも受け入れることはせず、限定した男だけが入会できるシステムになっている。

ハイステイタスやエグゼクティブといわれる医師・歯科医師・経営者・弁護士・会計士・税理士・上場企業・大手企業・国家公務員・年収800万円以上のいずれか該当し、かつ写真審査を通過した方のみ登録できる。意外と厳しい条件だ。

国税庁の民間給与実態統計調査によれば、給与所得者の平均年収は420万円であり、年収800万円以上の給与をもらっている人の人数は425万人とされている。日本全人口の割合の7.0%とる。ただこの割合には女性も含まれているので、男で年収800万円以上の割合はもう少し低くなるだろう。実に少ない数だが、この条件に入る男ならば利用しない手はないだろう。

男女とも身分証明書と免許が必要

安心して利用できる結婚相談所には必ずと言っていいほど身分証明書が必要になる。独身証明書の準備は面倒なものの代表だが、この提出を求めるところは、しっかりした結婚相談所ともいえる。ただここの場合は身分証明書の他に免許が必要になる。職業を証明できる書類を提出することでより安心度が増している。なお証明書は個人情報保護の観点から、入会後には登録したデータは自動削除される。

スマートフォンに女性を紹介してくれる

今や誰もが持っているスマートフォン。そのスマートフォンに毎月5名の客室乗務員(CA)を紹介してくれる。本当か確かめるために私も登録してみた(自営業だが一応年収800万円はクリアしている)。

客室乗務員(CA)との出会いを提供している会社はいつくか登録してみたが、本当に客室乗務員(CA)だけを紹介してくれたのはここの会社だけだった。他の会社は客室乗務員(CA)もいるにはいたが、美容師や看護師なども混ざっていた。いや、別に職業を否定している訳でもないし、美容師や看護師の女性も十分に素敵なのだが、客室乗務員(CA)との出会いをサービスとしているなら、やはり客室乗務員(CA)を紹介してほしいのだ。

男も女も真剣に出会いを探している

結婚相談所、特には婚活パーティーなどには軽い出会いを求めて集まってくる場合がある。真剣に出会いを探しに来たのがちょっと恥ずかしくなるくらいだ。だがここの結婚相談所は皆、紳士的というか変な人がいない。

登録している人を男女共にいくつか紹介してみよう。

31歳 163cm 客室乗務員(CA)
【自己紹介】仕事においてもモットーにしておりますが自分が接して欲しい様に相手にも接することを心がけております。

28歳 160cm 客室乗務員(CA)
【自己紹介】こういうのに登録するのは初めてなので、ドキドキしています! 憧れだった客室乗務員になる夢が叶い、日本国内・国際線と幅広く業務に携わらせて頂いています!

32歳 168cm 医師
【自己紹介】外科医として修練しています。真剣な出会いを求めて登録しました。よろしくお願いします。

34歳 178cm 上場企業/年収800万円以上
【自己紹介】美味しい料理とお酒も好きなので、色々な話しながら仲良くなれればうれしいです。

結婚相談所の費用はどこから発生する?

女性は完全無料で利用できるが、男は入会した段階で費用が発生する。

男は年齢によって費用が異なる。

20歳~27歳、初回にかかる費用20,000円(税別)月会費7,000円(税別)

28歳~35歳、初回にかかる費用30,000円(税別)月会費8,000円(税別)

36歳〜39歳、初回にかかる費用40,000円(税別)月会費10,000円(税別)

男なら入会するには39歳までに入っておかなければならないが、表記年齢は入会時の年齢であり、男は51歳迄、女性は41歳迄は会員継続できる。

客室乗務員(CA)は意外と出会いが少ない

スチュワーデス

客室乗務員(CA)は多くの出会いがあるように見えるが実は出会いが少ない。フライト中に例えイケメンをみても自分から声をかけるわけにはいかない。さらには飛行機のスケジュールに合わせて長期間家を空けるハードな仕事な為、実はなかなか出会いがないと考えている女性も多い。

国内フライトの場合、4日働いて2日休むスケジュールが一般的だ。飛行機は早朝から夜まで飛んでいるため、どのフライトを担当するかによって出社時間や退社時間も変わる。拠点となるベースの空港から毎日日帰りで勤務することもあれば、4日目までずっとベース以外の空港の行き来するフライトになることもある。毎日ベースに帰る場合は、一般企業のように自宅から会社に通勤するイメージとさほど変わらないが、そうでない場合は次の休みまで家に帰れないこともある。

国際線に勤務する場合は、国内以上に不規則な生活となる。海外でも近距離(アジアなど)であれば日帰りとなることもあるが10時間以上の長距離フライトになれば時差も大きいため現地で宿泊(ステイ)するのが普通だ。

帰国便にいつ乗るかは路線によって異なるが、2泊3日程度で設定されている場合が多い。ステイ先では基本的に自由に時間が使えるため、街の散策や食事を楽しむことはできるが海外でナンパされてもついていく客室乗務員(CA)はいない。

仕事が不規則で忙しいだけに、オフの時には趣味に時間を費やす場合もあるが、ほとんどはストレス解消と体力回復のため意外と地味な休日を送っている。華やかな仕事だが、あなたと同じように寂しい思いをしている女性は多い。

客室乗務員(CA)は外見で男を見ない

客室乗務員(CA)は基本的に外見で人を見ない。中にはジャニーズが好きとか、イケメンが好きとかいう女性は確かにいる。だがそういう客室乗務員(CA)だけではないもの確かだ。

これは客室乗務員(CA)に限った話ではないが、人間は既に自分が持っているものには興味がない、という研究結果がある。お金を持っている人であればお金を持っている人を好きにならない、運動神経が良い人であれば運動神経の良い人を好きにならない、神経質な人であれは神経質な人を好きにならない、そんな事と似ているのかもしれない。美女は相手を外見ではなく自分が持っていない優しい性格の人を好きになったりする。あなたが客室乗務員(CA)との出会いを探しているのなら客室乗務員限定紹介サービス『ダブルプレミアム』
に登録してみるのも1つの手と言える。

TOPIC:最短2ヶ月で100切りを目指す

結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム
《ライザップゴルフ》
ゴルフ100切りを目指しているあなた、ゴルフ人生が急速に加速します。必要なのはムダな練習量じゃない。専属トレーナーによるゴルフマネジメントだった。
スコアにコミットする!ライザップゴルフ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする