男が読むメンズファッション誌の人気売れ筋ランキング

男が読むメンズファッション誌の人気売れ筋ランキング

メンズファッション誌の人気売れ筋ランキング

インターネットの普及により紙媒体である新聞や雑誌からWEBへと移行している。

小学館が運営する総合ニュースサイト「NEWSポストセブン」が月間1億PVを達成したことや、同社の運営する「週刊ポスト」増刊のマネー情報誌「マネーポスト」発のWebサイト「マネーポストWEB」も月間800万PVを突破したことを発表したのは記憶に新しい。

そんな現在において、中身のある週刊誌ファッション雑誌はいまだに根強い人気を保っている。そこで今回は各社が発行している雑誌の発行部数と共に見てみよう。

メンズファッション雑誌ランキング

1位 smart(スマート)

発行部数は20万部以上

smartは、宝島社が発売している男性向けファッション雑誌。毎月24日発売。値段980円。20代中心のストリート・カジュアルスタイルが豊富な月刊誌で、流行に敏感で常にいろいろな方向にアンテナを張り巡らせている男の子たちのためのメンズファッション誌。凝った付録も人気の秘訣と言える。男性向けの雑誌が苦戦している中でも若い男の子の心をつかみ続けている。

2位 Safari(サファリ)

発行部数 約13万4千

Safariは、日之出出版が発売している男性向けファッション雑誌。毎月24日発売。値段920円。30代~40代の男性へLAセレブのようなラグジュアリーかつアクティブなライフスタイルを提案している。草食系男子が増える中、男らしい大人ファッションをどう着こなせば良いのかが分かりやすく掲載されている雑誌といえる。最近では ミドル世代のみならず20代や学生にも支持されているのが発行部数が伸びている要因といえる。

3位 MEN’S NON・NO(メンズノンノ)

発行部数 約11万7千

MEN’S NON-NOは、集英社が発行する男性向けファッション雑誌。毎月10日発売。値段850円。1986年5月9日に女性ファッション誌『non-no』の男性版として創刊して以来、常にファッション雑誌のトップクラスにいる人気の雑誌。20台男性を中心にモードからカジュアルまで幅広く取り扱っている。ブランドはデザイナーズ系が中心で、創刊以来、毎年オーディション開催にあたりプロ・アマ問わず誌面で毎年5月号から7月号で一般募集されるファッション雑誌。

4位 Men’s JOKER(メンズジョーカー)

発行部数 約11万3千

Men’s JOKERはKKベストセラーズが発行する男性向けファッション雑誌。毎月10日発売。値段890円。20代~30代男性をターゲットにしており「ONとOFFをスタイリッシュにする男の『切り札』マガジン」がコンセプト。ハリウッドスターなどのセレブファッションなどのスタイルを掲載しているのが特徴。社会人には欠かせないスーツスタイルをお洒落に着こなす提案もしているファッション雑誌。

5位 POPEYE(ポパイ)

発行部数 約10万2千

POPEYEはマガジンハウスが発行する男性向けファッション雑誌。毎月10日発売。値段800円。アメリカのスタイルを日本に紹介し一時はおしゃれの代名詞となったこともある。あの有名な漫画の主人公ポパイをキャラクターにしたのが由来で、それまでの男性ファッション誌にはない切り口で展開したのが功を奏し瞬く間に人気雑誌へと駆け上っています。10代後半から20代前半がターゲットとされている。

6位 street Jack(ストリートジャック)

発行部数 約10万

street JackはKKベストセラーズが発行する男性向けファッション雑誌。偶数月24日発売。値段890円。10代~20代のストリート・カジュアルスタイルを提案しておりジーンズ やスニーカー、腕時計などのアイテムを毎号タイムリーに届けている。裏原宿の古着なども紹介しており美容師、学生などがモデルになっているのが特徴。

7位 FINEBOYS(ファインボーイズ)

発行部数 約8万9千

FINEBOYSは日之出出版が発行する男性向けファッション雑誌。毎月10日発売。値段580円。男子大学生中心へ向けたベーシックでスタンダードなスタイルを提案している雑誌で、キャンパスでのスナップショットを中心とした最新トレンドをしっかりフォローしているのが人気になっている。学生向けということもあり他社のファッション雑誌より若干価格が安いのが特徴といえる。

8位 FINE(ファイン)

発行部数 約8万8千

Fineは日之出出版が発行する男性向けファッション雑誌。毎月10日発売。値段630円。海オトコ・カジュアルスタイルが豊富な月刊誌です。ジャンルとしては「サーファー系」のファッションスタイルを中心に紹介している為、サーファーブランドを探している人なら読まない手はない。季節によってはバッグやシューズの特集が組まれることもある。若すぎるファッションに抵抗が出てきた世代にお勧め。ファインボーイズを読んでいた30代~40代前半の大人向け版がファインといえる。

9位 LEON(レオン)

発行部数 約8万1千

LEONは主婦と生活社が発行する男性向けファッション雑誌。毎月24日発売。値段930円。30~50代の男性へ大人のためのライフスタイルを提案。「必要なのはお金じゃなくてセンス」がコンセプトで「モテるオヤジ」になることができる。ファッションや腕時計、クルマ、女性との夜デートに使えるお洒落なお店など独自の特集もおもしろい。会話のきっかけ作りにも使えるので遊びのネタ帖として購読するのもありかもしれない。

10位 OUTDOOR STYLE GO OUT(アウトドアスタイル ゴーアウト)

発行部数 約7万3千

OUTDOOR STYLE GO OUTは三栄書房が発行する男性向けファッション雑誌。毎月30日発売。値段680円。街でもフィールドでも使える新しいアウトドアファッション・スタイルを提案している。年齢層にターゲットを絞ったファッション雑誌が多い中、外遊びが好きなアクティブな男性で、アウトドアが好きな大人をターゲットにしているのがおもしろい。街中ではお洒落な男子もアウトドアに行くとさえない格好をしてしまう人におすすめだ。

11位 (セカンド)

発行部数 約7万2千

2ndはエイ出版社が発行する男性向けファッション雑誌。毎月16日発売。値段780円。30代~の男性へ、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案している。休日のカジュアルファッションで「格好いい大人」になりたい人が読む、飾らないリアルな大人のファッション誌といえる。これで休日に子供と出掛けてもダサい格好が恥ずかしいなんて言われない。

12位 MEN’S CLUB(メンズクラブ)

発行部数 約6万1千

MEN’S CLUBはハースト婦人画報社が発行する男性向けファッション雑誌。毎月24日発売。値段880円。35歳~の大人の男性へ、クラシックでもモードでもない上品なおしゃれを提案している。今の時代に即したクラシックとモード のいいとこどりの絶妙なバランス感覚で日本人に似合うファッションは何かと言うことを真剣に向き合っている雑誌と言える。30代から40代の男性ビジネスマンの購読者が多い。

13位 uomo(ウオモ)

発行部数 約5万5千

UOMOは集英社が発行する男性向けファッション雑誌。毎月24日発売。値段950円。30代~40代のコンサバ・カジュアルスタイルが豊富な雑誌。「オトコが楽しくなかったら、オンナも楽しくない。オトナがかっこよくなかったら、コドモは夢を持てない。」との考えによるリアリティかつシンプルで洗練されたおしゃれを提案している。ファッションだけでなくクルマやグルメなどライフスタイルも掲載している。

14位 MEN’S EX(メンズイーエックス)

発行部数 約3万3千

MEN’S EXは世界文化社が発行する男性向けファッション雑誌。毎月6日発売。値段820円。30歳以上の大人の男性へお洒落なスーツの着こなしなどを中心にシックで上質な男の装いとライフスタイルを提案している。できるビジネスパーソンを演出するスーツ&ジャケット、シャツの着こなしは参考になる。大人のおしゃれで大切な「品と格」を手に入れ知的ないい男になってしまおう。

15位 GQ JAPAN(ジーキュー ジャパン)

発行部数 約4万

GQ JAPANはコンデナスト・ジャパンが発行する男性向けファッション雑誌。毎月24日発売。値段600円。本質にこだわる男性のためのメンズ・ファッション&クオリティ・ライフ スタイルマガジンだ。1957年にアメリカで創刊され世界19ヶ国で発行・発売されているアメリカの代表的な男性ファッション雑誌である。世界的名門ファッションブランドからジャーナリズム、車、グルメといったカルチャー関連のテーマを幅広く取り上げている。

TOPIC:最短2ヶ月で100切りを目指す

結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム
《ライザップゴルフ》
ゴルフ100切りを目指しているあなた、ゴルフ人生が急速に加速します。必要なのはムダな練習量じゃない。専属トレーナーによるゴルフマネジメントだった。
スコアにコミットする!ライザップゴルフ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする